Amazon輸入のリサーチツールをご紹介

こんにちは。

ここまでこのサイトではAmazon輸入リサーチ術について
ノウハウ的な内容を紹介してきたのですが、

おまけ的な内容としてAmazon輸入に対応したリサーチツールに
ついても紹介していきたいと思います。


記事執筆時現在において、Amazon輸入対応として
有名なリサーチツールは以下の2つ。

□せどりユニバーサル

□サヤ取りグローバルせどらー

になります。


まずせどりユニバーサルについて。

リサーチツールとは言っていますが、
このツールはリサーチだけじゃなくて
出品や価格改定、売上管理も効率化できます。

ある意味の”All in one”ツールと言えるでしょう。


リサーチにおいては、価格差のある商品の抽出のほか、
ランキングでのフィルタも掛けられるので
需要の高いかつ価格差のある商品を抽出することが可能です。


↓リサーチの動画(公式ページより)





そしてもう一つ、サヤ取りグローバルせどらー。

こちらはリサーチに特化したツールです。

フィルターの数が多く、ランキングや出品者人数のほか、
安値ギャップという面白いフィルターがあります。


この安値ギャップは、中古商品の中から一つだけ
ダントツに安い商品を見つけることができ、

その商品を自分で買い取って高値で再出品することで
差額で稼ぐといういわゆる”刈り取り”手法に使えます。


国内せどりにおいて有名な手法ですね。



一つはオールインワンツール、
もう一つはリサーチ特化ツール。


ちょうどバランスがいいというのもあって
この2つを軽く紹介させてもらいました。




Amazon輸入で需要度合いをリサーチする!

さて、前回ではAmazon輸出において利益が出る商品、
つまり価格差のある商品のリサーチについてお話しました。


でも、Amazon輸入で商品を仕入れ、しっかりと稼ぎたい場合は
リサーチにはもう一手間かける必要があるでしょう。

それが今回紹介する「需要度合い」のリサーチ法です。


需要度合いというのは、その商品を日本で出品した場合に
どれだけ早く売れそうかという意味です。

1つ売ると3万の利益が出る商品があったとして、それを仕入れたとしても
その商品が売れなければ意味がありません。


3万の利益になりそうな人気のない商品を1つ売るより、
5000円の利益になりそうな人気のある商品を6つ売ったほうが
稼ぎやすいのがAmazon輸入、ひいてはせどりの法則です。


具体的な調べ方ですが、もし利益の出そうな商品を見つけた場合には、
その商品のASIN(Amazon独自のコード)を商品ページからコピーして
Amashowかプライスチェックで検索してみてください。



Amashowとプライスチェックは、ランキングや価格・出品者数の
推移情報をグラフ形式で見ることができるサイトです。(無料)


091101

日本のAmazonで売る場合、
人気の指標となるのは間違いなくAmazonランキングです。

実はこのAmazonランキングですが、購入されるとランキングが上がり、
購入されてない間はランキングが下がり続けるシステムになっています。


従いまして・・・


■ ランキングがそこそこ高いこと

■ ランキングのグラフが頻繁に上を向いていること
 (=頻繁に買われていること)



この2つを満たした商品は、日本において需要が高い商品として
Amazon輸入で仕入れてみる価値があると言えるでしょう。


ランキングは何位以内がいいのか、グラフはどの期間に何回上向けばいいのか、

こうしたところはリサーチをしながら自分なりの基準を作っていってください。

高利益商品のAmazon輸入リサーチ術

さて、今回はAmazon輸入における高利益商品の
探し方についてお話していきたいと思います。


前回も少しお話しましたが、前提としては

「日本のAmazonで高く売れそうな商品が
海外Amazonでは安く売っている」


という商品をAmazon輸入ではリサーチすることになります。
そこから”ふるい”にかけることは必要ですけどね。

では、上に該当する商品をどうやって見分けることが
できるかと言いますと、各国のAmazonの最安値
(新品商品を取扱いたい場合、新品最安値を、
中古商品を取扱いたい場合、中古最安値を)
を見比べて、価格差があればいいのです。


Amazon輸入リサーチ082904
Amazon輸入リサーチ082905

赤枠のところを見てもらえると分かる通り、この商品の場合は
日本と海外Amazonの各新品最安値の間に1万円近くの差額があり、
「高利益商品」としてAmazon輸入で取り扱う候補になります。

これが、Amazon輸入リサーチの基本です。


ちなみに、リサーチで見つかった商品を仕入れないまま
片っ端から出品する「無在庫販売」というやり方もありますが、
このサイトでは無在庫販売については触れません。


実際に購入し、一度は手元に届いた商品を売るという
一般的なAmazon輸入リサーチにおいては、
更にここからその商品の需要度合いを見る必要があります。


次回へ続く!


Amazon輸入のリサーチを舐めてませんか?

いきなり挑発的なタイトルですみません(笑)

でも、最近本当にAmazon輸入に取り組まれる方が増えましたよね。


副業系の雑誌でも取り上げられることも増え、
今や国内せどりの次のステップとしてAmazon輸入・Amazon輸出が
身近なものとなっている方も少なくないと思います。


でも、Amazon輸入ってどういうリサーチすればいいのかって分かります?


「国内Amazonで高く売れる商品で、海外Amazonでは安く
売られてる商品を探せばいいんでしょヨユーヨユー」


まぁ、概ねその通りです。

国内外のAmazonの間で”価格差”がある商品を見つけるのが
リサーチの第一歩です。


でも、このリサーチって普通にやると
とんでもない時間かかりますよ。

日本のAmazonに登録されてる商品は、
ざっと計算して5000万件程と言われています(!?)


Amazon輸入で自分でリサーチする場合、
ある程度自分の中で”アタリ”を付けて商品を絞っておかないと、
とてもじゃないですが一生かかってもすべての商品は
リサーチしきれないレベルです。


しかも、「高く売れそうな商品」ってだけだと
リサーチとして弱いです。


だって、売れなかったら何の意味もないですよね??


それ故に、当然の話として「需要が全くない商品」は
除外しなければいけないし、資金が不安な場合は
「高回転が期待できる商品」を狙い撃ちする必要があります。


・・・とまぁ、いきなりネガティブな話になっちゃいましたが。


何が言いたいのかというと、
Amazon輸入リサーチにもノウハウが必要ですよってことです。


ぜひ、大やけどをする前にこのサイトでノウハウを学び、
着実にスキルを伸ばして月30万円を稼げるようになってください。