Amazon輸入のリサーチを舐めてませんか?

いきなり挑発的なタイトルですみません(笑)

でも、最近本当にAmazon輸入に取り組まれる方が増えましたよね。


副業系の雑誌でも取り上げられることも増え、
今や国内せどりの次のステップとしてAmazon輸入・Amazon輸出が
身近なものとなっている方も少なくないと思います。


でも、Amazon輸入ってどういうリサーチすればいいのかって分かります?


「国内Amazonで高く売れる商品で、海外Amazonでは安く
売られてる商品を探せばいいんでしょヨユーヨユー」


まぁ、概ねその通りです。

国内外のAmazonの間で”価格差”がある商品を見つけるのが
リサーチの第一歩です。


でも、このリサーチって普通にやると
とんでもない時間かかりますよ。

日本のAmazonに登録されてる商品は、
ざっと計算して5000万件程と言われています(!?)


Amazon輸入で自分でリサーチする場合、
ある程度自分の中で”アタリ”を付けて商品を絞っておかないと、
とてもじゃないですが一生かかってもすべての商品は
リサーチしきれないレベルです。


しかも、「高く売れそうな商品」ってだけだと
リサーチとして弱いです。


だって、売れなかったら何の意味もないですよね??


それ故に、当然の話として「需要が全くない商品」は
除外しなければいけないし、資金が不安な場合は
「高回転が期待できる商品」を狙い撃ちする必要があります。


・・・とまぁ、いきなりネガティブな話になっちゃいましたが。


何が言いたいのかというと、
Amazon輸入リサーチにもノウハウが必要ですよってことです。


ぜひ、大やけどをする前にこのサイトでノウハウを学び、
着実にスキルを伸ばして月30万円を稼げるようになってください。